色や形も楽しんで暑さを乗り切る!ブダペストのジェラート

 

f:id:hjan:20160726062046j:plain

一時期の暑さが緩んだかなと思いましたが、やはり気のせいだったようで、まだまだとても暑いブダペストです。街を歩くと一日中外で過ごしていたのであろう日焼けをして肌が真っ赤になっている観光客たちの多いこと!暑い季節なニガテな私には全く理解できない行動です。

有名なのはバラの形のジェラート

さてこんな暑いときに食べたくなるのが、ジェラート!カフェの店先などでもジェラートが売られているので、中心部でジェラート屋さんを見つけることができない、なんてことはあり得ません。しかし、選択肢が多ければ多いで、どのジェラート屋さんすべきかという新たな問題。

そんなときは、人気のバラ型のジェラートにトライしてみるのが無難。

バラ型のジェラートは観光客たちに大人気らしく、列ができていることも。中でも、聖イシュトバーン大聖堂のすぐ近くにあるGelato Rosaが有名です。Facebookのページに載ってる写真や動画を見ているだけでも十分楽しいですよね。旅の思い出にピッタリ!

https://www.facebook.com/GelartoRosa

 

バラ型ジェラートより普通のイタリアンジェラートが好き

ニューヨークカフェよりブックカフェが好きなように、時にズレたオススメをしてしまう私ですが、今回は自分の意見を押し殺し、はじめての観光の場合にはGelato Rosaをイチオシしておきます。

が、やっぱり完全に押し殺すことはできないので、あんまり外見にインパクトのないジェラート屋さんも紹介。個人的にオススメなのはGelateria Pomo D’oroです。観光客にとっては「せっかくブダペストまで来たのに・・・」と思われても仕方のないすごく平々凡々とした見た目のジェラート屋さんですが、ブダペシュティ(ブダペスト住民)にはとても人気のお店なんです。通りを挟んで向かいには、同じ系列のレストランがあり、コチラも予約をしないと入れない超人気店。

gelateria.pomodorobudapest.com

 動画はレストランの紹介。

これまでトライしたフレーバー全てが美味しかったので、ちょくちょく通っています。夏が終わるまでに全フレーバー制覇できるかな?

難点は、中心部にある店のくせにそれほど英語が通じなかったりすることがあるっていう。。。

 

ブダペストには他にもたくさん美味しいジェラート屋さんがあるので、他もトライしながら、ジェラート屋さん情報をアップデートしていきたいです。

 

カフェ>

www.amazeinglife.today

 

【ハンガリー語】単語の次は文のAnkiに挑戦

前回までに「基本単語500語覚えて、音声付きテキスト併用したらいいよ」という体験談を書きました。今回は、音声付きテキストを更に活用する方法です。ポイントは、他のテキストや他の言語へも応用可能ということ。

 

www.amazeinglife.today

www.amazeinglife.today

 

Memriseで自作のカードを作成?

単語の暗記でお世話になって一気に気に入ったMemriseでしたが、興味惹かれるハンガリー語のコース(音声付きの体系的なコース)はそれほど多くはありません。音声付きテキストを持っていることだし自作できないかと少し考えましたが、意外に面倒そうだったので却下。次に考えたのは、前から使っていたAnkiというアプリの活用でした。

Anki - powerful, intelligent flashcards

AnkiMobile Flashcards

AnkiMobile Flashcards

  • Ankitects Pty Ltd
  • 教育
  • ¥3,000

 ・・・改めて調べてモバイルアプリの値段の高さにびっくり!

 

昔ながらの単語カード方式で、文章をAnkiしよう!

私がAnkiを知ったのは、プログラミングをかじっていたとき。プログラミングの習得に効果的だという記事を読んで、早速ダウンロード(→すぐ挫折)。その後、英文を覚えるために使ったら効率的に覚えることができたので、専ら英文暗記用に使っていました。特に音声をつける必要もなかったので、暗記カード同様、表に和文・裏に英文を入力して、ひたすら繰り返すだけ。とはいえ、繰り返しのタイミングの設定が素晴らしい!覚えてないカードが何度も出てくることになっているので、効率的に暗記が可能となるのです。

ただ、ハンガリー語の場合、発音や抑揚に不安があるため、少し工夫が必要。

Memriseの音声付きコースで効果的に単語を暗記することができたので、Ankiでもカードに音声を付けることにしました。

 カードのイメージは以下のとおり。

  • 表:日本語もしくは英語
  • 裏:ハンガリー語(音声付き)

 

Ankiに音声データを付けるためのソフト「SoundFlower」

音声データはColloquial HungarianのCDを利用することにしましたが、問題は「どうやって1文ごとに音声を抽出するか」でした。単語カードを作成するだけなのに、編集ソフトのようなソフトを買うなんてことはしたくありません。それに、私の場合、手順が複雑になると嫌になってしまう可能性が高い。

そのようなことを考えつつ調べていたら、面倒くさがり屋の私にピッタリのソフトを見つけました!(もちろん無料。ただし、Macユーザー限定。。。)

github.com

 

設定方法などについてはコチラを参照。

rs.luminousspice.com

このサイトには、この他にもAnkiの有効活用のヒントがいっぱい載っているのでオススメです。

 

登録はやっぱり面倒だけど、面倒すぎない

気になっていた登録の煩雑さですが、許容範囲といった印象です。単語カードを作ろうと思っても、結局入力作業は必要になるわけですから、この程度の作業の発生はあきらめてしまうのが賢明です。コツを掴むとスピードアップでき、苦ではなくなってきます。

 肝心の使い勝手はというと、「想像通り」の一言に尽きます。そこまで複雑な機能を望んでいなかったわけなので当然です。テキストをわざわざ持ちあるく必要もなく、文を繰り返し聞くことができ手軽なのがお気に入り。

 

 

AnkiはDuolingoなどのように高機能ではありませんが、先に紹介したAnki解説サイト「the Right Stuff」にいろんな活用法が紹介されているように、自分の好みに合わせてある程度カスタマイズ可能です。暗記カードのようなシステムが好きなら、試してみてはいかがでしょうか。

 

Memrise: 無料で語学を学ぼう

Memrise: 無料で語学を学ぼう

  • Memrise
  • 教育
  • 無料

 

Colloquial Hungarian: The Complete Course for Beginners (Colloquial Series)

Colloquial Hungarian: The Complete Course for Beginners (Colloquial Series)

 

 

UBERが負けちゃった。(・・・タクシーの利用法を確認しておこう。)

f:id:hjan:20160121065202j:plain

ブダペストの中心部で行われたタクシー運転手のストを見て以来、どうなるのかと思って見ていた『タクシー対Uberの戦い』でしたが、勝利の女神はUberには微笑みませんでした。外資系サービス企業を毛嫌いするハンガリーらしいともいうべき結末です。

Uberの発表によると、ハンガリーでのサービスは今月24日までとのこと。

愛用者の私としては、本当に残念で仕方がありません。ついこの前も空港まで行く機会があり、行きはUber、帰りはタクシーを利用したのですが、Uberの方が良かったんですよね〜。(行きは早朝ということもあり通常の1.5倍が適用されましたがそれでもやっぱり安かった!)

Uberのようなサービスを非合法化する法案を作ったことに将来苦しめられることがないことを祈るばかりです。

 

タクシーの利用法

Uberがなくなったことを嘆いてばかりいても仕方がないので、以下ブダペストでのタクシーの利用法について記します。

ブダペスト市内は、公共交通機関がきちんと整備されているため、市内で「どうしてもタクシーじゃなきゃ!」という状況はそれほど多くないかもしれません。ただ、問題は、空港⇔ブダペスト中心部の移動。メトロとバスの乗り継ぎが必要となります。

 

空港→市内

空港を出るとFŐ TAXIのブースがあります。そこで、受付の人に目的地の住所を言い、目安料金の書かれた番号札を受け取ります。あとは番号が呼ばれるのでブースのそばで待つだけ。料金はおよそ6,500〜7,000フォリントです。

Tips:目的地の住所のメモなどを用意しておくこと!

 

市内→空港

市内から空港の場合、タクシー会社に電話をしてタクシーを呼びます。流しのタクシーをつかまえようなどとは決してしないこと。びっくりするような金額を請求されちゃいます。

FŐ TAXIやCITY TAIXIがオススメ。(CITY TAIXIの方が英語の通じる人が多いとのことですが、私はその比較ができるほど利用したことがありません。)

  • FŐ TAXI:+36- 1 -2-222-222
  • CITY TAXI:+36- 1 -2-111-111

FŐ TAXIはアプリを出しているようですが、ハンガリー語版のようなので便利かどうかは謎です。

Fotaxi Budapest

Fotaxi Budapest

  • Norbert Gecse
  • 旅行
  • 無料

 

「でも、電話するのはやっぱりハードルが高い!」という場合には、ホテルから空港に向かうようにするか、レストラン(Notカフェ)に立ち寄ってから空港に向かうのがいいと思います。レストランでは、受付にいる店員さんなどに言えば、すぐにタクシーの手配をしてもらえます。(念のため、事前に目安料金を聞いてもらっておくと良いです。)

Tips:目的地は「Budapest Airport」だけでなくターミナルも伝えましょう。

 

雨の日は要注意!

タクシーは手配してから遅くとも15分でやってきますが、雨の日はとても混むので注意が必要です。前もって手配していたのにも関わらず、直前になって「手配できない」と言われ1時間近く待たされたということもあります。早め早めの行動を心がけるようにするのがベター。

 

 

ハンガリーのUber登録者16万人にとっては、何とも悲しいニュースでした。

 

 

Uber関連

www.amazeinglife.today

www.amazeinglife.today

www.amazeinglife.today

 

 

【ハンガリー語】入門レベルの自習テキストを探してみた

前回は私を救ってくれたアプリについてかきましたが、今回は単語の暗記が軌道にのってきてからのオススメ紹介。前の記事で紹介したコースの元となっているテキストについてです。

amazeinglife.hatenablog.com

  

単語の次の壁 ー 抑揚とリエゾン

 単語の発音やスペルを覚えたら、次の課題は文章です。

授業中、一人ずつ順に文を音読することがあります。単語がほとんど覚えられていなかったときは、読む文の内容どころか単語の発音すらあやしくて順番が近づくにつれドンドン暗い気持ちになっていっていましたが、単語を覚えた私は文章の内容も理解出来、順番が回ってきても余裕、余裕!

…という夢ようなことには残念ながらなっていません。

何が思うようにいかないかというと、文章の流れ。

確かにmemriseで単語の発音も覚えましたし、意味も覚えました。けれど、文をいざ音読してみると1単語ずつ同じトーンでブツ切れ感ハンパない。文としての発音には至ってないわけです。(これが単語単位の暗記ばかりすることのデメリットですね。)

 

面倒くさがりの私にぴったりのテキスト

打開策として考えたのは、音声付きテキストの購入。日本のラジオ講座のようなダイアログと文法情報が載ったようなのが理想でした。そして探すこと1週間。理想のテキストを見つけました! 

【Colloquial Hungarian】

Colloquial Hungarian: The Complete Course for Beginners (Colloquial Series)

Colloquial Hungarian: The Complete Course for Beginners (Colloquial Series)

 

 AmazonではKindle版しか見つけられませんでしたが、この表紙のペーパーバック版(CD付き)を購入しました。3㎝ほどの厚みのあるA5サイズくらいの大きさの本です。(ブダペストでの購入方法について、参考までこのエントリーの下にまとめています。)

CD付き、ダイアログがあることの他、この本のいいところは、単語や文の訳(英語ですが)が載っているところです。他の本は、ハンガリー語オンリーだったり、単語帳が別冊になっているなどしていたため入門段階では却下しました。英語などでも「訳がついてるのは良くない」的な意見がありますが、大人な入門者は訳の載っているテキストで勉強するのが楽だし効率的だと思います。

 文法のポイントも長すぎず、短すぎず、ちょうどいい簡潔さ。もう少しレベルが上がってくると、この説明じゃきちんと説明できてない、ということになるのかもしれませんが、入門レベルには十分すぎます。むしろこれ以上長くなると、私の場合確実にやる気が失せます。それに私の場合、文法の解説なんかは授業で先生が詳細に説明してくれることもあり、そもそもそんなに必要性を感じないというのもあります。(文法のポイントの復習だったり、たまに休んだときの内容を調べるのには役に立ちます。)

 

テキストの使い方例

ちなみにこのテキストを推しているマルチリンガルなイギリス人君がいます。使い方など解説しているので、参考になりますよ。

「え?大学ってegyetemじゃなかったっけ?」と思わずテキストを見直させるようなミスをしたりしていますが、この滔々と文章を読むのを初めて見たとき、入門レベル落ちこぼれの私はとても感動しました。(言語能力には感動しますが、彼のように髪を触る仕草をする男性はちょっと、というか非常に・・・ ニ ガ テ です。)


How to learn vocab: three techniques (Hungarian)

私はというと、以下のような使い方をしています。

  1. ダイアログの英訳を読む。
  2. ダイアログを聞く。(数回)
  3. CDに合わせてダイアログを音読する。(ついていけるようになるまで。)

一番最後がめちゃくちゃハードルが高く、全く進まないのですが、リエゾンが少しずつわかってきますし、ディクテーションの正答率も上がります。効率、効率唱えていた割に非効率なやり方ですが、これは個人的な趣味ですね。CDに合わせて音読するのとかが単に好きなのです。

 

 テキストで勉強開始後の私

授業で、文章を読まされるのが苦痛ではなくなりました。やはり初見の文章だとどうしてもスムーズに読むことができず、ブツ切れ感は残りますが、それでも一語一語ブツブツ切れてしまうよりはマシなレベルにはなっています。

 

"Colloquial Hungarian"をブダペストで購入するには

 Libra Books という本屋さんががオススメです。今確認してみたら、表示がありませんでしたが、私が注文したときは、「オンライン注文→自分で取りに行って支払い」 という方法をとると割引がありました。自分で店に取りに行く場合は、オンライン購入手続きの際【Shipping & Payment】で以下の選択をします。

Delivery method】:Personal
【Payment method】:Cash

お店にはハンガリー語の他にもいろんな言語のテキストが所狭しと置いてあり、楽譜やCDなども売っています。

 

 

 

 

【ハンガリー語】諦めそうになった私を救ってくれたアプリ

高校時代、世界史でハンガリーという国を何度も答案用紙に書いた。 でも、当時の私にとってハンガリーという国は、それほど興味を惹かれる国ではありませんでした。当然のことながら、ハンガリー語を学ぼうなんて考えが頭をよぎることも。英語すらままならないまま大学を卒業し、適当に就職して、このまま年を取っていくんだろうな、と思っていたのに。思っていたのに、人生って何が起こるかわからない。いつの間にやら、ハンガリーに住んでいるのですから。

あらよ、あらよとスーパー落ちこぼれ

ハンガリーの生活に馴染むためにと始めたハンガリー語でしたが、やはり、「ハンガリー語がMUST」というほどの人と比べると、モチベーションは雲泥の差。趣味の延長程度の軽い気持ちで参加していた私はみるみるうちに置いてきぼり。 授業についていけない。 ついていけないから面白くない。 もう「落ちこぼれてても気にしないッ!」なんてレベルは遥か彼方。

さすがにドロップアウトしようかという考えも浮かびましたが、もう少し足掻いてみようとまずは参考書探しを始めることにしました。その甲斐あってか、クラスメイトを追い越すことはできなくても、何とかついてはいけるレベルにまで回復。 せっかくなので、これから3回に分けて「役に立ったかも!」と思えた入門レベルの参考書などを紹介していきます。(入門レベル→初級→中級→上級。入門は初級より下に位置。)

  1. 単語アプリ
  2. 入門テキスト
  3. その他アプリ・テキスト

一番の問題は文法よりも単語では?

ブダペストに限らず、海外においては日本語の参考書を入手するのは非常に難しい。ということで、日本語の参考書は早々に諦めました。 次に考えたのは、どんな参考書があれば現状打破ができるのかということ。そのためにクラスでもらったプリントを眺めていたら、とっても初歩的なことに気がついたんです。

私、単語の発音・スペルが怪しい・・・。

確かに授業中に先生の発音を真似したりして文章を読んだりしていましたが、その発音を家に帰ったらびっくりするほど忘れてしまっていたのです。授業で取り組むディクテーションができないのも当たり前です。 まず私に必要なのは、文法書やドリルのような書籍ではなく、音声付きの単語帳、ということが判明しました。単語単位での暗記は不要という考えは持ちつつも、まずは基本レベルの単語を覚えることに時間を費やすことにしました。

音声付きの単語帳はアプリの得意分野「Memrise」

最初に考えたのは、ドイツ語でお世話になったduolingo。音声付きで反復練習ができ、私の大好きなアプリです。ただ、残念なことに、当時ハンガリー語バーションはまだリリースされておらず、他のアプリを探さなくてはいけませんでした。

そこで、次に目をつけたのが、Memrise。ハンガリー語のスペルに慣れるという点においてはduolingoよりも優秀で、結果的には良かったです。入門時はduolingoよりMemriseがオススメ

www.memrise.com

しかし、ハンガリー語は人気言語というわけではなく、英語などの言語に比べ選択肢は限られます。音声付き、ある程度ちゃんとしたシラバスに沿った単語集という観点から探してたどり着いたのが次のコース。

【♫Halló, itt Magyarország! 1】 (同じ名前のコースがいくつかありますが、最初に音符(♫)が付いているのが音声付き)

ただし、作者が途中で力尽きたっぽく、後半の単語は音声がないものがほとんど。それでも、まずは上のコースから入るのがベストだと思います。教科書によく出てくる基本単語にフォーカスしているため、「授業についていく」という点では非常に効率的です。 毎日どのくらいノルマを設定するかにもよりますが、私は、毎日朝晩合わせて30分程度費やし、約1ヶ月程度で500単語程度を覚えました。(毎日の単語の暗記数は、設定画面から設定可能です。)音声付き単語の数が減ってきたあたりから、覚えるスピードがガクンと落ち、新しい単語を覚えるのをやめました。でもあれ以上進めてたら、単語の暗記にばかり熱を上げていただろうと思うので、結構いい止め時だったかもしれません。

【↓コースはこんな感じ↓】

f:id:hjan:20160608053024g:plain

選択問題、単語書き取り問題、聞き取り問題があります。

このコースの後に単語を量を増やすのにオススメなのが、【Colloquial Hungarian w/Audio】です。単語のレベルは【♫Halló, itt Magyarország! 1】とほぼ同じですが、収録数が3倍程度あるため、手っ取り早い効果は期待できないと思います。私がこのコースを知った時はまだ音声データがなく、残念だなと思っていたのですが、ある利用者のハンガリー人ガールフレンドのおかげで、現在では音声付きとなっています!

Memrise後の私

わかる単語が増えてきたことで、授業で習った文章を覚えることなどが容易になってきました。また、授業中に行う作文も満点は取れないまでも、まともな文章を作れるようになってきました。今後の課題は、文章を口に出せるようにすることでしょうか。これに関しては、duolingoのハンガリー語コースのリリースに期待。

その名もKínai Élelmiszerbolt (Chinese Grocery Store)

f:id:hjan:20160502045120p:plain

4月に日曜閉店法がなくなりましたが、それまで土曜に買い物し忘れてた時に利用していたのが、Chinese Grocery Store。Rákóczi térの駅からすぐの便利なところにあります。

中国食材店というだけあって、基本的には中華系の商品ですが、日本・韓国・タイ・ベトナムの商品もちょこちょこ置いてあり、それなりに使えます。(ただし、支払いは現金のみなので、事前にお金をおろさないといけないちょっとした面倒くささがあります。)

日本食関連で私が現在一番利用しているお店はAzsiaで、どうしてもAzsiaでは手に入らない商品に関してはBIWAKOで購入するようにしています。どちらのスーパーも値段はそれほど変わらない印象。インスタントラーメンに関して言えば、どっちのスーパーも高く、意外にもMüllerが一番安かったりします。(種類はないので、どうしても辛ラーメンが食べたい!などというときには、AzsiaもしくはKinal Élelmiszerboltをご利用ください。)

Kínai Élelmiszerboltは冷凍食品の取扱スペースが一番広く、また、お菓子がたくさん売ってます。ただし、そのお菓子が美味しいかどうかは微妙。ちなみに私は、1,000フォリント以上支払ってハズレを引き当てました。(上の写真の商品がそのお菓子。)

f:id:hjan:20160502045959p:plain

BIWAKOで取り扱っている商品は少ないもののどれもハズレがないの(※)で、商品数がもっと多ければAzsiaよりも利用率が高くなると思うのですが、残念ながらペスト側のお店にそんな期待を寄せてもどうしようもないのが現実なようです。

Kínai Élelmiszerbolt
最寄駅:Rákóczi tér
メトロ:M4
トラム:4番、6番

 

amazeinglife.hatenablog.com

 

 

引っ越しとイミグレーションオフィス

f:id:hjan:20160502032305j:plain

引っ越しました。

引っ越しにつきものなのが、届出。

在洪外国人は、イミグレーションオフィスへ出向き、住所変更の手続きをする必要があります。しかも、新居に移ってから7日以内。つい半年前までは代理人に代行してもらえましたが、半年くらい前からイミグレのルールが少し厳しくなり、必ず本人も出向かなくてはいけなくなりました。仕方ないけど面倒臭い。しかも、イミグレーションオフィスは予約制のため、事前予約が必要。本当に面倒臭〜い!引っ越しなんてもうしたくない、という気持ちむくむく。今は引っ越したくなくとも、また引っ越しをすることもあるかもしれませんので、今後のために簡単に記録しておこうと思います。

家探しと同時にイミグレを意識

超基本中の基本情報ですが、イミグレーションオフィスは予約制です。

たまに、ダメ元でやってくる猛者がいますが、どうゴネようが通してもらえるわけもなく、イミグレスタッフ・予約している申請者たちに非常に冷たくあしらわれ気力体力を消耗してトボトボ去っていきます。哀れ。

彼らのような末路を辿らないためにも、家を探しと同時並行で、イミグレ準備を始めましょう。

情報収拾

前述のとおり、いつの間にか代理人による手続きが認められなくなっているなどイミグレ関連ルールは頻繁に変更されます。そのため、「前回はこうだったから」という自分の記憶を頼りにせず、面倒くさがらずに調べましょう。

・必要書類(提出物)

・申請用紙

・提出期限 などなど

新大家さんとのコミュニケーション

大家さんには、Property Sheetの原本を取得してもらったり(HUF6,500-7,000程度)、イミグレオフィスに提出する書類への署名をしてもらったりと、面倒なことを頼まなくてはなりません。そのためできるだけ良い関係を築いておくことが大切。大家さんが英語を話せない場合には不動産屋さんに間に入ってもらうことになりますので、その場合には不動産屋さんとのコミュニケーションを密にしておきましょう。

また、後からいくつも「これも署名して」「あれも署名して」とお願いすることのないよう大家さんの署名が必要な書類を事前確認しておき、賃貸契約締結時に全ての必要書類に署名してもらう段取っておくのがいいです。

予約

引っ越し日を決定したら、すぐにイミグレに予約の連絡を。忙しい時期だと予約の2週間後になったりすることもあるので、ここは特にチンタラしないこと。

本当に基本的なことばかりですが、以上が引っ越しで気をつけるポイント。

 

引っ越しも2回目となると、上記のことはまあまあスムーズに進められましたが、想定外だったのは、イミグレオフィスの人が超テンパって、ミスにミスを重ね、事務処理に非常に時間がかかったこと。どのスタッフが担当になるかで差が出るのはもう少しどうにかしてほしいものです。(担当官により、書類チェックの厳しさも違ったりします。。。)