【映画】パプリカ|名前の由来が知りたい

(©2006 MADHOUSE / SONY Pictures Entertainment(Japan)Inc.)

 

ただただパプリカという名前だけで、『パプリカ』(今敏監督、2006年)というアニメ映画を観ました。あらすじは、ネットで検索すれば、すぐに出てくるかとは思いますが、簡単に書いておきます。

 

 

あらすじ

近未来、多分日本。精神医療研究所から「DCミニ」という装置が何者かに盗まれた。「DCミニ」は、精神治療のために開発中の機械で、治療者が患者の夢に入ることを目的としたものだった。他者の夢に入り込み深い共感を得ることは治療に役立つ一方で、悪用されるとその患者を支配することにつながる。犯人に悪用されることを防ぐため、所員の敦子(パプリカ)は所長や同僚たちと共に犯人を捜し始めるのだが、あざ笑うかのように犯人は、人々をコントロールしていくのだった。

というようなお話です。

 

 

難しくて早い段階でお手上げ

このアニメ、見始めの感想は、「アメコミみたい」でした。パプリカはさておき、粉川警部がアメコミに出てくるような容姿。ただ、最初から嫌な予感はしていたものの、予感的中。早々に話についていくことから脱落。もう一つの目的だった、どうして「パプリカ」なのかの答えを探すためだけに集中して見続けました。

夢を題材にした映画はたくさんありますが、夢というのはどんなに人に詳しく話しても、どんなに自分の夢と似通っていると思っても、結局は誰かと一緒に体験することのできないもの。そんな抽象的なものを題材にされたところで、理解できるはずがない。だけど、そういうものだからこそ、人は夢を題材にした作品に挑戦したくなるのかもしれません。夢の前には科学なんてゴミだ、というようなセリフがありましたが、なんだか言い得て妙。

 

 

どうしてパプリカという名だったのか。

前述のとおり、映画のストーリーやテーマについていくことを早々に諦めてしまったわけですが、いつかパプリカの名前の由来が明かされると信じて見続けること数十分。おそらく、これが答えではというやりとりがありました。

夢には現(うつつ)

死には生

男には女

そこに足りないスパイスを一振り

 

パプリカ?

 

このセリフを聞く限り、パプリカは、ペアに足りないものを補う万能スパイスだったように感じますが、本当のところはどうなんでしょう。

 

『パプリカ』(2006年)

監督:今敏
原作:筒井康隆
出演者:林原めぐみ古谷徹江守徹大塚明夫

 

 

私にとっては難しい映画でしたが、ネットで調べたところ、その多くが評価高め。世の中には、こういうストーリーが難なく理解できる層がいるのだなと、若干複雑な気持ちになりました。すごく賢い脳みそ持っているからこの難解なストーリーをいとも簡単に理解し感動できるのか、それとも私の脳みそが劣っているからなのか、と。

www.yukihy.com

movie.maeda-y.com

http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~houki/2009zemi/nagakubo/tsutsui.html

 

 

変に悩まずに済むよう、次は、もっと単純明快なサクッとした映画を鑑賞しようと決めました。

 
 
 ちなみに、2016年1月30・31日、京都で上映されるようです。

 

 

 

パプリカ [DVD]

パプリカ [DVD]