【カフェ】日本人観光客には魅力的に映らない?Mozaik Teaház és Kávézó

f:id:hjan:20160310055624j:plain

 

観光客で溢れかえるペスト中心部Király utca (キラーイ通り) の入り口にある小さなカフェ『Mozáik Teaház』。こじんまりしたカフェですが、雰囲気の良さに惹かれ、お茶をしてきました。

 

タイルを組み合わせたスタイルの取っ手のドアから中に入ると正面奥に注文カウンターが見えます。こんな造りになっている他のカフェでは、カウンターで注文・支払いをしてから席につくのが普通なので、無意識にカウンターに向かったところ、「注文聞きに行くのでお好きな席にどうぞ。支払いは後払いです。」と店員さん。
1階にはテーブルが3つほどで本当に小さなカフェだなと思わせるのですが、実は2階にも客席があり、これがそこそこの広さ。しかし、1階の小さなスペースしか見ずにみんな諦めて行くのか、こんな中心部にもかかわらず満席で諦めなくちゃいけなくなるほどの状況にはほぼなりません。だからと言って、人気がないわけでは決してなく、むしろ営業開始から10年以上経ってもなお多くの人を惹きつけ続けるカフェなのです。

 

このカフェの魅力を十分に堪能するには、大きなモザイク画の飾られている右手の階段を上って2階へ。1階の雰囲気とは全く違う空間に驚くこと間違いなしです。ノスタルジックなヨーロピアンカフェとアジアンテイストなカフェが見事に融合。ここでは「お茶はやっぱり椅子より座って飲みたい」というワガママも、「ブレックファースト食べたいからテーブルがいい」というワガママも叶えてもらえます。
席についてしばらくすると店員さんがメニューを持ってきてくれるのですが、そのメニューを開くと、お茶、お茶、お茶。数ページがお茶だけで埋め尽くされています。でも「そんなに種類があったら選べない!」とパニックになる必要はありません。迷った時には店員さんが好みのお茶を選ぶ手伝いをしてくれます(英語でOK)。軽食など、頼んだ食べ物に合うお茶をお勧めしてもらうことも可能らしいです。まるでレストランでワインを選んでもらうかのようですね。

 

ただ、よくよく考えると日本からの観光客にとってはそんなに魅力的ではないかもしれません。だってヨーロッパといえば、お茶よりコーヒー、紅茶ならばイギリスというイメージでしょうから。でも、ご安心を。お茶に比べると種類は少ないもののコーヒーもちゃんとあります!しかも、街のど真ん中にも関わらずお手頃価格。半額とまではいきませんが、斜向かいにあるフランチャイズのカフェCOSTAより安くて美味しいコーヒーを出してくれます。

 

アレクサンドラブックカフェや、ニューヨークカフェのような煌びやかさは全くありませんが、庶民的な雰囲気でくつろぎたい場合にはオススメです。

 

 Mozaik Teaház és Kávézó
最寄駅
メトロ:Deák Ferenc tér、Bajcsy-Zsilinszky út
トラム:47番、49番

 

豪華なカフェの方がいいなら・・・

amazeinglife.hatenablog.com